首イボの対策・「アンミオイル」

首イボや粒取り対策におすすめの「アンミオイル」のご紹介だ。
良質オイルで皮膚の保湿をサポートし、ざらざらやぽつぽつともさよなら。
多くの首イボは、角質硬化が原因と言われており、角質を柔らかくしスムーズに再生できるような肌をつくっていくことが大切なのです。
こんなチラホラを手早く省き、決してできない肌として行くためにも「アンミオイル」がおすすめなのです。
主成分の杏仁オイルには年齢とともに低下して仕舞うパルミトレイン酸が豊富に含有しています。
赤ちゃんのあのぷるぷるの肌にたくさん含まれている、パルミトレイン酸をバッチリ補給することができるのです。
そのためなかなか取れなかったポツポツも、時間とともに元からぽろっと取れてしまう。
意外と気になるところを毎日3〜5分目安に「アンミオイル」でマッサージを通じてみましょう。
驚くほどツルツルになるのが実感できるはずです。
肌のキメを整えたい、肌の凸凹が気になる、乾燥肌を改善したい、天然成分のものが良い、首イボが気になる、毛穴を目立たなくしたい、黒ずみが気になるなど、すべて保湿力の低下から起こります。
これらをすべてクリアすることができるのが、天然の脂肪酸で作られた「アンミオイル」だ。
チラホラを素早く省くためには、角質硬化の肌を少なく柔らかくすることが大切となります。
そのためにも杏仁オイルには、肌をはつらつさせ保湿を促すリノール酸、皮膚を続けるビタミンAを安定化させるパルミチン酸、肌を柔らかく始めるステアリン酸、角質を鎮めるパルミトレイン酸が含有。
しかし杏仁オイルだけでは濃厚すぎて逆に効果が低下してしまう。
とはいっても少なすぎてもさすが効果が少なくなるという中で、吸収を上げる抜群の濃度にする研究により、杏仁オイル70%という黄金比が見つかりました。
そこで月見草オイルをはじめとする、各種美容効果の高い成分をプラスするため、杏仁オイル70%の黄金比を出したのです。
月見草オイルはアカバナ科植物の種子から取り出したγ-リノレン酸だ。
またトコフェノールは大豆や菜種由来の天然ビタミンEで、アンチエイジング効果も期待でき、グリチルレチン酸ステアリルは甘草の根由来の成分で炎症を高める働きも。
ヨモギエキスはヨモギの葉から抽出され、つるつる肌ケア成分として知られてあり、ヨクイニンエキスはハトムギから取り出したエキスでプツプツ改善、解消効果も期待されている。
「アンミオイル」には杏仁オイルの他に、こんなにもたくさんの栄養素が配合されているのです。引用